フィッシュオイルで酸化していない高品質なサプリはコレ!

フィッシュオイルは、サプリメントとしてもかなりメジャーな部類で、
色々なメーカーから販売されています。
魚の油としてDHAやEPAなど聞いたことのある方も多いと思います。

しかし、フィッシュオイルは酸化に弱いのが1番の難点で、どの商品を選べば良いか難しいと思います。
健康のために摂ったフィッシュオイルが酸化していては、意味がないどころか体に逆効果ですからね。

このページでは酸化していない高品質なフィッシュオイルの選び方を解説していきます。

フィッシュオイルの効果

脂質には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類があります。
(フィッシュオイルは不飽和脂肪酸です。)

飽和脂肪酸は動物性の脂質です。
バターやラードなどが挙げられ、摂りすぎるとコレステロールや中性脂肪が増え、血液をドロドロにしたり、蓄積され体脂肪になりやすい傾向があります

不飽和脂肪酸は魚類や植物油に含まれる脂質です。
イワシ、サバ、エゴマ油、オリーブ油、などが代表的な食品です。中性脂肪を減少させ、血管を強くする働きがあるといわれています。そのため、高血圧や動脈硬化の予防、アトピーや生理痛の改善に効果的とされています。

普段の食事の中では飽和脂肪酸が多い方がほとんどです。
なので良質な脂質である不飽和脂肪酸をとる割合を増やす必要があります。

主に含まれる成分として
EPAが、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを高める働きをして、 血液中の中性脂肪を低下させます。

DHAが、血液をサラサラにし、脳の働きの活性化(集中力向上など)、ストレス緩和、美肌などに効果があります。

主な効果・効能をまとめると、

①良質な脂質なので美容にも健康にも良い
②体の炎症を抑える
③脳のはたらきを良くして鬱や認知機能の低下にも効果あり

フィッシュオイルで酸化していない高品質なサプリはコレ!

フィッシュオイルは酸化に弱いので、選び方が難しいと思いますが、
選び方として大きな指標にしたいのが、第三者機関(IFOS)による検査を受けているかということです。
フィッシュオイルの検査をしている第三者機関(IFOS)がチェックする項目として

  • 重金属の汚染レベル
  • ダイオキシンのチェック
  • 酸化レベルテスト

があり、そこで基準をクリアし、高評価のものだけがIFOSで5つ星認定がつけられています。

今回はIFOSで5つ星認定を受けたフィッシュオイルを紹介していきます。


Nordic Naturals, Omega-3

Nordic Naturals, Omega-3, Lemon, 690 mg, 120 Soft Gels

成分:2粒当たり

総脂質 2000㎎
トータルオメガ3 690㎎
EPA 330㎎
DHA 220㎎
その他のオメガ3 140㎎

ノルディックナチュラルズ(Nordic Naturals)というフィッシュオイルでは一番有名な会社です。
IFOSで5つ星認定のフィッシュオイルでGMP認定取得済み
独立認定研究機関により重金属などの環境有害物質が検査されています。すべてトリグリセリド型で、天然の魚から抽出されています。

これはレモン風味で、フィッシュオイルを口に入れて噛んで食べてもおいしいというレビューがあるくらい飲みやすい製品です。値段は少し高めですかね。

Life Extension, Omega Foundations, スーパーオメガ-3

Life Extension, Omega Foundations, スーパーオメガ-3, 240ソフトジェル

成分:4粒あたり

総脂質 2500㎎
トータルオメガ3 2000㎎
EPA 700㎎
DHA 500㎎
その他のオメガ3 50㎎
ポリフェノールオイル 300㎎
ゴマ種子リグナンエキス 10㎎

IFOSで5つ星認定のフィッシュオイルでGMP認定取得済み
粒は小粒なので誰でも飲みやすいと思います。
ゴマのリグナン(ポリフェノールの一種)やポリフェノールが配合されているのが特徴で、できる限り酸化にも強い配合がされています。
今回あげた中でもコスパはかなり良いです。

Sports Research, オメガ3フィッシュオイル

Sports Research, オメガ3フィッシュオイルトリプルストレングス、1250mg、ソフトジェル90粒

成分:1粒あたり

総脂質 1500㎎
トータルオメガ3 1037㎎
EPA 687㎎
DHA 250㎎
その他のオメガ3 100㎎

IFOSで5つ星認定のフィッシュオイルでGMP認定取得済み

Sports Research(スポーツリサーチ)のオメガ-3フィッシュオイルでは、
魚ゼラチンのソフトジェルの中に超高濃度のEPAとDHA(937g)が含まれています。
今回あげた3種類の中でも1粒当たりのEPA・DHAの量は一番多いです。
養殖の魚ではなく自然の中で漁獲した天然アラスカポロックから製造されています。

クリルオイル

クリルオイルは、南極の極めて限られた地域でのみ生息する南極オキアミというエビのような甲殻類から取れる脂質のことで、オキアミはアスタキサンチンという抗酸化作用の強い成分を含んでいるので、酸化にとても強いです。

効果はフィッシュオイルとほぼ同じで高級フィッシュオイルみたいなものですね。
フィッシュオイル+アスタキサンチンで、フィッシュオイルの効果と抗酸化作用が得られるので美容にもめちゃくちゃ良いです。
その分デメリットとして、価格は高いですが、お金に余裕があればクリルオイルが確実です。
1つだけ注意として甲殻類アレルギーの方はクリルオイルはやめておいた方が良いです

クリルオイルだと酸化の心配はほとんどないのでどこのを選んでもらっても大丈夫です。

Jarrow Formulas, クリルオイル,

Jarrow Formulas, クリルオイル, 120ソフトジェル錠

Sports Research, 南極オキアミオイル

Sports Research, 南極オキアミオイル、アスタキサンチン配合、1,000mg、ソフトジェル60粒


まとめ

フィッシュオイルのサプリの酸化していないものの選び方とそのオススメについての記事でした。

フィッシュオイルは健康にも美容にも必須なので魚をあまり食べない方は特に摂るようにしてください。
あと、できれば夏場なんかは劣化や酸化を防ぐためにも冷蔵庫で保存することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました