カフェテインに含まれている成分は?【ダイエットについて安全性まで詳しく解説!】

 プロテインとカフェインを組み合わせたカフェテインに含まれている栄養成分と全成分について解説していきます。

ダイエットや脂肪燃焼にどんな効果があるのか、ぜひご覧ください。

 

カフェテインの栄養成分について

カロリー 35.5kcal
たんぱく質 5.39g
脂質 0.23g
炭水化物 3.24g
糖質 2.7g
糖類 0.94g
食物繊維 0.54g
食塩相当量 0.03~0.05g
カフェイン 120㎎

栄養成分表示(1回分10gあたり)

栄養成分を見て見ると低糖質、低脂質でカロリーが低く
たんぱく質が主に配合してあります。
そして、カフェインが120㎎とコーヒー2杯分程のちょうど良いカフェイン量です。

たんぱく質を摂取出来て、糖質も少なく一杯35.5kcalと
低カロリーなのでダイエットにも運動前にもとても効果的です。

 

ほかの健康飲料とカフェテインが異なる点は、
低糖質でカロリーがとても低く抑えてあるということです。
その割にたんぱく質が配合してあるのでカロリーを気にする方におすすめです。


カフェテインの全成分について詳しい解説

原材料・成分
乳タンパク、コーヒー、澱粉分解物、コーヒーエキス(コーヒー豆、デキストリン)、ミルクカルシウム、穀物麹抽出濃縮物(大豆含む)、エラスチン(魚由来)/カフェイン、香料

こちらがカフェテインに含まれている全成分です。
それぞれの効果について説明していきます。

乳タンパク(ホエイプロテイン)

そもそもプロテインというのは、英語で「たんぱく質」を意味する言葉です。
その中でも乳タンパク(ホエイプロテイン)は牛乳由来のもので、

ホエイプロテインの特徴としては、吸収がはやい事、特に筋タンパク質の合成に最も重要とされるアミノ酸のロイシンが豊富に含まれていること、また他の植物性のたんぱく質などと比べて体の中での利用効率が高いことが挙げられます。

普通に生活するうえでも必要で、筋肉のもとになる人間の体にとって重要な栄養素です。

コーヒー(カフェイン)

カフェインといえば眠気覚ましをイメージする方が多いかとはおもいますが脂肪燃焼などのダイエット効果が非常に高いです。
体脂肪減少を促進する働きがあり、カフェインを運動前にとると、糖質をエネルギー源として使う働きが抑えられ、代わりに脂肪がより多く使われるようになることが、研究で認められています。
また、カフェインには交感神経を刺激して食欲をおさえる作用もあります。



クロロゲン酸

クロロゲン酸は、効果としては血糖値の上昇を抑制することが挙げられます
血糖値が気になる人にはクロロゲン酸は効果が期待できます。

また、クロロゲン酸はポリフェノールの一種なので抗酸化作用があります。

活性酸素という体の中の細胞を酸化(錆び)させてシミ・シワ・老化などを引き起こす物質がありますが、クロロゲン酸はそんな活性酸素の活動を阻害することで、体を酸化、老化から守ってくれるのです。

澱粉(でんぷん)分解物

澱粉(でんぷん)を加水分解してできた生成物で別名デキストリンといい、
甘みのための味付け用の成分です。

ミルクカルシウム

名前の通り、牛乳由来のカルシウムです。
骨や歯のみならず、神経や血液にも必要な生きていくうえで大切な成分です。
カルシウムは運動をして筋肉動かすときにも体で消費されますし、たんぱく質を合成して筋肉をつくるときにも必要な成分です。

 

穀物麹抽出濃縮物(大豆を含む)

麹抽出濃縮物は麹菌2種を使用し、国産大豆と国産米を発酵・培養、濃縮したエキスです。

豊富な酵素や、大豆・米などの自然由来の18種のアミノ酸・ビタミンB群を含んでいるため、たんぱく質・炭水化物・脂質などの分解吸収に働きかけ、基礎代謝を上げ、体の中からキレイになるのにつながります

麹は酵素の宝庫です。女性にとって嬉しい成分であるビタミン類を生成する働きがあることや、消化のサポートをする働きがあることから、美容健康面でも非常に効果的です。

エラスチン

エラスチンは皮膚の弾力性を保つためにとても大切な成分です。
コラーゲン同士を結びつけて、お肌のハリを作るはたらきがあります。
肌のハリが維持され、シワやたるみを防いでくれます、美容にとっても欠かせない成分です。

香料

香りづけに使用されています。ほとんどの食品で使われている安全な成分です。


カフェテインに含まれる成分の安全性は?

ここまでカフェテインの成分についてわかってもらえたと思います。
プロテインとカフェインを主に運動やダイエット、美容にも効果的な成分が含まれています。
しかし、毎日飲んで体に入れることまで考えると、体に悪いものは入っていないか?安全なのか?気になる方も多いと思います。

1.砂糖不使用
2.食塩不使用
3.着色料不使用
4.保存料不使用
5.合成甘味料不使用

カフェテインは5つのうちどれも一切ふくまれていません。
安全性を第一に、余計なものは入れず、自然由来のものを中心に毎日安心して飲めるようにつくられています。


※1つだけ注意点を上げるとしたら
カフェテインには一杯120㎎のカフェインが含まれています。
(コーヒー100mlあたりのカフェイン含有量は60mg)
カフェテインにはコーヒー2杯分ほどのカフェインが含まれるため、多くても1日に2回までの摂取にとどめるようにしてください。

まとめ

カフェテインの成分や安全性について解説しました

ダイエットにも日々の運動にも効果的なプロテインとカフェインの脂肪燃焼効果を合わせて良いとこどりをしたカフェテインです。カフェテインの新しいダイエット習慣で理想のボディを手に入れましょう!

カフェテインを購入できる公式サイトはこちら

カフェテインのダイエット、脂肪燃焼効果について詳しく解説した記事はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました